ガーリックナイト楽しかった

ガーリックナイト
【garlic night】
音節gar・lic・night 発音記号・読み方/gάɚlɪk|gάː‐

名詞不可算名詞
1【植物, 植物学】 ニンニクがすごい夜
2【人間学】バカの集まり、死人

おつかれさまでした。ここからはダイジェストでお送りします。

カツオを捌いたり非人道的に炙ったりアヒージョ作ったりしてるのがヤバイ住人兼uh-huh界隈を取りまとめているマーバラさんとレオさん。

2人とも斧とかで頭真っ二つに割ったらくす玉の要領でボロボロにんにく出てきそう。

ガーリックナイトやった感想

にんにく、抗菌作用がえげつないため腸内の悪玉菌を成敗してくれるいい奴ですけど用量用法とかそういうのを通り越して致死量ってのがあるらしいんですね。冷静になって調べてみたら半房で体調やばくなるぞ的な供述がありまして「ふーん」ってその時は思ったんですがよくよく思い出してみたら3房分以上は余裕でダイレクトにいてこましてるので腸内がおそらく戦場と化したんでしょう。おならが止まらない止まらない。戦に破れた悪玉菌の残骸が無形となって天に昇っています。もしそれだけだったら「おーありがとうにんにく」となりますが、これ間違いなく善玉菌死んでんだろといった感触が下腹部の痛みとともに伝わってきて腸内がうねりをあげてるというか台風の目やってんだろって感じがすごい。善玉菌チームと悪玉菌チームがにんにくの芽を長い棒に見立てて裸足でポリープをぐるぐる回ってる感じ。たぶん4人1組ぐらいが妥当ですよね台風の目だったら。台風の目ってあれ知ってました?コーンを時計回りに回るとしたら全員が右側に寄ったら早く回れるんですね。ここまで多分常識だと思うんですが意外と知らない人が多いです。遠心力のことを考えたら一瞬でわかりそうなんですけどね、もっと勉強しろよって話です。んでですね、実はもう一工夫したら格段に早く回れるんです。腸内運動会レベルのキャパなら余裕で1位狙えます。その戦法とは一番端の人gちょっとうんこ(善玉菌の供養)行ってきます。

コメントを残す