ポトフ作ったうまいうまい(まあまあうまい)

ポトフを作りました。まあまあ美味でした。

材料の切り方で印象ってすごく変わるんだなあということを学べたので今後の人生に大きく影響を与えるでしょう。

あと、今回はポトフを作ろうと意気込んで料理しましたがキャベツの量が多すぎてパッと見キャベツ主役のスープになりましたので記事下の項目でしっかりと反省しています。あざ笑いましょう。


材料

ポトフオールスターズの皆さまです。

4人分
  • キャベツ
  • ジャガイモ
  • 玉ねぎ
  • 人参
  • ソーセージ
  • セロリ
ソーセージは滝沢ハムの「マイスタービッセン」を使いましたがこれがえげつなく旨みを醸し出したので大成功を収めました。

ドイツオーバーマイスター ロルフシェーファー氏による監修のウインナーです。
食感にこだわり、ウインナーの径を太くしてジューシーにしました。

だそうです。覚えて就活の自己PRに使いましょう。


調理開始

ポトフのレシピを見ていると野菜はお湯で茹でる派が多数でしたが、いい鍋があるのでできるだけ野菜の旨みを引き出そうと思い水を入れずに火を通す過程を入れました。

セロリが好きなのでセロリも入れました。

キャベツです。多いです。

水を入れずに火を通そうとすると玉ねぎが焦げたので100mlくらい水を入れました。

水と鶏ガラ in

ソーセージ in

完成。

材料のすべて

  • キャベツ:1/2個
  • 人参:2本くらい
  • ジャガイモ:中2個
  • 玉ねぎ:中1個
  • セロリ:申し訳ない程度
  • ソーセージ:2袋
  • 水:800ml
  • 鶏ガラの素:大さじ4くらい
  • 白ワイン:入れたか忘れた
  • 塩コショウ:適当

省察と改善点

  • 豚肉をケチって入れていない → 豚肉の旨味は絶対必要
  • キャベツ多すぎてほぼキャベツが主役 → キャベツは1/4個でいい
  • ジャガイモ少ないもっと欲しい → 3倍は入れていい
  • どのような野菜の切り方が適切かわからないし
  • そもそも何をしたらポトフなのだろう

牛肉やソーセージなどの肉、大きく荒く切ったニンジン、タマネギ、カブ、セロリなどの野菜類を、じっくり煮込んだ料理である。
スープは食塩、香辛料(黒コショウ、ハーブ、クローブ等)などで風味を調え、肉や野菜は食べやすい大きさに切ってからマスタードを添え、それぞれ別皿に盛って供する。

だそうです。ポトフになりたい人は暗記しましょう。


料理中に聴いてた曲

Amazon Echo と Amazon music Unlimited の組み合わせがあれば最強な料理空間が出来上がります。

Prime会員なら月額780円で聴き放題なのでオススメ。
Echoのみでしか聴かない人だけのプランも用意されてる親切設計。しかも安い(月額380円)。

Amazon
¥11,980 (2018/08/21 14:50:40時点 Amazon調べ-詳細)
Amazon
¥5,980 (2018/08/21 14:50:40時点 Amazon調べ-詳細)

学習感想

  • ということでまた一つ勉強になった
  • 切り方一つで完成品に大きく影響
  • 肉がメインの料理でもあるらしいので
  • 豚肉はケチらないようにしよう
  • トライとエラーを繰り返し
  • 人はまた一つ歳をとっていく
  • 皿に盛った写真ほしい
  • つまりカッコいい皿がほしい
  • この記事を書いているとき”ポトフ”と打とうとすると100%”ぽtpふ”と打ってしまう

コメントを残す