iPad用のキーボード『Smart Keyboard』の接続が悪い時に試して欲しいこと3選

530億年ぶりに有益記事を書きました。iPad用のキーボードについてです。

こちらがそれ。『Smart Keyboard Folio』です。

  • 6ヶ月使った頃から接続が悪い
  • 接続されないと認識されない
  • 認識されないとタイピングできない
  • タイピングできないと仕事ができない
  • 仕事ができないとお金稼げない
  • お金稼げないとあああああああああああああああ

死んでしまいます。死なないように対策を打ちましょう。

接続が悪いときに試してほしいこと・3選

ということで思考錯誤した結果、試してみたら接続が良くなったことをまとめました。

ちなみにAppleにも問い合わせ済みです。Appleの見識は、

  • とりあえず交換
  • 交換してみよう
  • ね!!!交換してみよう!!!一回だけだから!!!
  • さきっちょだけ変えてみよってだから!!!

みたいなな感じでした。公式サイトやAppleのスタッフも知らなかったことだけをシェアします。超有益。

マグネット部分を強く押す

iPadとSmart Keyboardはマグネットで接続されています。そのマグネットの接触が悪いと接続できていないみたいです。

この記事をご覧の皆さまのためを考え、わかりやすくなるようにマグネット部分にあたる箇所に『差押予告書ブルー』で色付けしました。

iPadのカメラレンズに当たる部分のマグネットがどうやら重要みたいです。ここをぎゅーと押すと認識されるようになりました。

マグネット部分を浮かす

iPadとSmart Keyboardはマグネットで接続されています。そのマグネットの接触が悪いと接続できていないみたいです。

と先ほど言いましたがコレ実は嘘、というか押しすぎて弊害が出たのでしょう。ある時から全く認識されなくなったので「押してはダメなら引いてみろ精神」でマグネットと端末を少し浮かせると認識するようになりました。

つまりこんな感じです。一定距離、本体から引き離すと認識されるでありませんか。接続も恋愛も付かず離れずが大切です。

結構な距離が空いていますが認識されています。

めっちゃ拭く

接続部分や本体をクロスで拭きまくると一定の確率でキーボードを認識するようになりました。

まとめ

以上3つです。SmartKeyboardの接続ができないとブログも書けないしライティングもできないしメールもLINEも返せないので生きてる意味がわからなくなります。

上記3つの方法でごまかしながら作業してましたが、何をやっても復活しない時もあるのでそんな時はムフフ動画見たりしてました。

ある時を境目にムフフ動画しか見ていない日が続いたあたりで生きてる意味がわからなくなりすぐに外付けBluetoothキーボードを購入しました。

「ん?私のSmart Keyboardの接続悪すぎィィィ」となる頃にはとっとと新しいキーボードを新調した方が精神衛生上良いです。

というわけで今の僕の仕事環境はこのような感じです。

2つもキーボードあるの意味がわかりませんが一応仕事できてるのでOKです。

Bluetoothキーボードはセブのアヤラモール3Fのマクドナルドらへんで見つけました。

コメントを残す