百合ヶ丘の老舗名店『かど家』で百合ヶ丘生活最後の晩餐をいただきました

見てください この エモさの塊を

見てください この エモさの塊を Ⅱ

見てください この エモさの塊を Ⅲ

それは『かど家』です

いらっしゃいませ 百合ヶ丘に三十数年店を構える老舗へようこそ

メニューは手書きです

入店するやいなや、

ぼく「すいません!まだ空いてますか!」
店主「空いてますがたったいま 白飯がおわりました!」
ぼく「白飯以外で主食級のやつがありますか?」
店主「ラーメンすかね」
ぼく「それで」

お待たせしました

肉入り野菜ラーメン 780円

野菜多くて 長崎ちゃんぽんみたいな感じ

麺が細いのでギリそれでラーメン要素を保ってんなーという感じ 美味です

豚肉がもれなく入ってます ありがとう

じっと眺めていると口内でもれなく唾液スイッチが ON

こうやって写真越しに眺めてるだけでどばどばdbdbdbd

店主「めちゃくちゃ辛いのでちょっとずつ入れてくださいね」

ということでした

めちゃくちゃ辛かったです でも その辛いのなかに美味いがある感じ

障子で周囲が囲まれていて 田舎のばあちゃんち感が気持ちいい

ひたすら落ち着く空間で 「お!きたな〜 食ってけ食ってけ〜」感がすごくて 常連さんも多いみたいでした

こういう店が街の真ん中にあるだけで ちょっとやそっとのことじゃ 街は衰退しないんだろうなと思います

まとめと情報

定食居酒屋 かど家

〒215-0011 神奈川県川崎市麻生区百合丘3丁目3−5

百合ヶ丘生活 最後の晩餐でした

この日の夜にロフトベッドを解体したので 寝る場所がなく 契約していた世田谷のシェアハウスに泊まりました

百合ヶ丘生活最後の晩餐は『かど家』で済ましたというわけです

もう立ち寄ることのない公園です 乗ったことも これから乗ることも ない

こういう坂を見ると この坂にたくさんの思い出がある人がいるんだろうなあ と思います

そしてぼくは 何一つも思い出がないので 無理やり思い出を作る

さようなら百合ヶ丘 美味しいお店いっぱい ある街 2年間ありがとう

百合ヶ丘の『ニコラス洋菓子店』は店内で極上ケーキを食べられる最高の喫茶店 百合ヶ丘の燻製ラーメン『燻』はスープも具材も燻製されてて超美味い 百合ヶ丘駅から徒歩6分の『Paopao Bar』で土曜限定のタイ料理ランチを食べましょう 百合ヶ丘駅から徒歩5分の『ネコノテ食堂』はアットホームな雰囲気に包まれたやさしき食堂

1 Comment

コメントを残す