【関西空港に泊まる】タダで泊まれる場所一覧:2018年秋バージョン

関西国際空港の朝です。泊まってきました。

ここに。そう、ベンチに寝っ転がって眠ったわけです。ベンチスタート。

んで関西空港、ゴロゴロできるスペースが思いの外あるなーといった印象。24時間空いてるので外国人旅行客や僕のようにできるだけ宿泊費を抑えたいボンビーマンなどが多く泊まってました。

ということで関西国際空港に泊まれそうな場所をリストアップしておきます。結構丁寧にデータを取ったつもりなので何かの参考にしてください。

第1ターミナル:1F

静けさ:★ ★ ★ ★ ★
柔 さ:鬼畜
広 さ:★ ★
空 調:★ ★ ★
安心感:★
コンセント:近くにある
照明:ほのかに明るい

総評:人を痛めつける人間工学に基づいたレベルのシートの湾曲さ + シートが固くて寝れたもんじゃねえ、のダブルパンチで思わず長渕剛風の口調になるほど寝転ぶのは危険。テレビがあるため寂しくはないが長い夜を越すにはお尻が持たない。

第1ターミナル: 2F全般

静けさ:★ ★ ★
柔 さ:★ ★
広 さ:★ ★
空 調:★ ★ ★
安心感:★ ★ ★
コンセント:場所によってはまばら
照明:眼球にダイレクトに刺さる照明

総評:ブルー・レッド・パープルの3色から好きな色を選ぶことができるビュッフェスタイルで、どのシートも寝心地は変わらない上に微妙な湾曲のため骨盤がイカれる可能性アリ。横になる際は3シート以上必要であるが数に余裕があるため高確率で確保はできる。だが思いのほか眩しい。歯医者くらい眩しい。

ちなみに第1ターミナル2Fの最南端、最北端にはこのように天井が低くなっているコーナーがあり照明がやや暗い。

ちなみに最北端には交番があるため、安心感MAX。照明もやや暗い上に近くにマクドナルドやローソンもあるため最強。でもコンセントがないので覚えておきましょう。

第1ターミナル:3F

静けさ:★
柔 さ:★ ★ ★ ★
広 さ:★ ★ ★ ★ ★
空 調:★
安心感:★
コンセント:未確認
照明:鬼畜に眩しい

総評:シングルベッド並みの広さを誇るシート + ほぼ無人のフロア内。睡眠が目的ではない人にとっては文句なしの条件。このベッドシートはエスカレーターの真下に設置されていますが、仰向けになると存在意義が全くわからないライトによって眼球をいじめられるイベントが発生する上に、24時ごろになると清掃人によるフロア内のお掃除が始まるため精神を磨くチャンスを手にすることができる。

ちなみにソファータイプのシートもあります。

第1ターミナル:4F

静けさ:★ ★ ★ ★
柔 さ:★ ★
広 さ:★ ★
空 調:★
安心感:★
コンセント:いたるところにある
照明:天井が高いため眩しくない

総評:4Fは国際線でありほぼ外国人が寝泊まりしていたため防犯性や安心感は決して高くはないですが広々とした空間が魅力的。2Fのシートに比べてかなりフラットであるため骨盤には優しい印象。

エアロプラザ:2F

静けさ:★ ★
柔 さ:★ ★
広 さ:★ ★
空 調:★ ★ ★ ★ ★
安心感:★ ★
コンセント:未確認
照明:鬼畜に眩しい

総評:空調面は最高ランクでクーラーがガンガン効いていたので暑がりや寒がりにはオススメ。天井が低い上に容赦なくライトが仕事をしているためアイマスクが必須レベルの照度。たまたまだと思うが中国人が集まってトランプをしていたため喧騒な雰囲気で眠れたもんじゃなかったです。シートは第1ターミナルと同じものが使われてました。つまり骨盤ブレイカー。

エアロプラザ:2Fのいたるところにあるベンチ(鉄)

静けさ:★ ★ ★ ★
柔 さ:人間をダメにする
広 さ:★
空 調:★ ★
安心感:★ ★ ★ ★ ★

総評:画像では伝わらない部分もあるため僕が実際に寝転んで思ったことを載せておきます。「滑り台でこんな感じのやつあったな」「こんなところで寝ているようなクレイジーな人に悪さをしようなんて思う人はいない」です。

エアロプラザ:2F休憩室

静けさ:★
柔 さ:★ ★ ★
広 さ:★ ★ 〜 ★ ★ ★ ★ ★
空 調:★ ★ ★ ★ ★
安心感:★ ★ ★ ★
コンセント:あるぞ
照明:鬼畜に眩しい

総評:おそらく関空に泊まることが確定した地点でネットサーフィンをした人ならほとんどの人が知っていると思われる場所だ。行き届いた空調 + 管理人が駐在 + 守られてる感があるなど嬉しいメリットがたくさんあってこれで無料です。しかしその分、利用客も当然ながら多く、広さ最高評価のベッドシートは倍率が相当高い代物。

こちらはシートタイプ。

こちらがソファータイプ。10ヶ所ほどあるソファーは全て埋まってました。

エアロプラザ:2Fの木のベンチ

静けさ:★
柔 さ:★ ★
広 さ:★
空 調:★ ★ ★ ★ ★
安心感:★
コンセント:未確認
照明:ほどよく暗い

総評:今回の企画のダークホース。ここまで紹介したシートが全て埋まっており、にっちもさっちもいかない場合は「床で夜を過ごす」を選択する前に是非ここに寝転んで欲しいですね。思いのほか木材が柔らかく、思い込みが激しい方なら南国でバカンスをしている気分になります。

エアロプラザ:3F

静けさ:★ ★ ★ ★ ★
柔 さ:★
広 さ:★
空 調:なし
安心感:★

総評:誰もいないため静けさは最高評価。残りの項目は文句なしの最低評価。何かの罰ゲームにどうぞ。

エアロプラザ:1F

静けさ:エスカレータ故障の際 ★ ★ ★ ★ ★
柔 さ:★ ★ ★ ★
広 さ:★ ★ ★
空 調:★ ★ ★ ★
安心感:★

総評:1Fで唯一のシートがこのソファー。かなりふかふかできっと良いブランドのソファーには違いないとは思うんですが、近くのエスカレーターがギュインギュイン常に稼働しており最上級の騒音を味わうことができます。ちなみにソファーにはめちゃくちゃ埃がついていた。ここで仮眠を取る際にはコロコロを用意すべき。

第2ターミナル:ロビー

静けさ:★ ★
柔 さ:★ ★
広 さ:★ ★
空 調:★ ★ ★ ★
安心感:★ ★ ★
コンセント:たくさんあるぞ
照明:明るいが照明源から距離がある

総評:ここからは第2ターミナル。第1ターミナル2Fのフラットシートとは違い、「湾曲が少ないため横たわった時に骨盤にかかるストレスが少ない」というデキるシート。さらに天井が高いため眼球に直に来るタイプの照明ではないというご利益。数に限りはありますが、Jetstarなどの出発が第2ターミナルである場合はよほどなことがない場合第2ターミナルに泊まるべき。

第2ターミナル:国際線出発口

静けさ:★ ★ ★ ★
柔 さ:★ ★ ★ ★
広 さ:★ ★ ★ ★ ★
空 調:★ ★ ★ ★
安心感:★ ★
コンセント:あるぞ
照明:明るすぎない程度に明るい

総評:ベッドタイプのシートである上にゴロゴロするスペースも十分にあり空調も整っている本企画の最高峰。また関空に泊まりに行くなら絶対ここで過ごすレベル。

おびただしい数のガチャガチャもあるぞ。

いたるところにある階段の踊り場

こういうところに敷布団ひいて寝るのもオススメ。

まとめ

ということで『第2ターミナル:国際線出発口』がオススメですよーってことで締めたいと思います。こういう記事書くと次回僕が寝る分のスペースがなくなるリスクを考えましたがマザーテレサ並みの寛大な心で有益な情報を共有した次第です。

※補足その1:関西国際空港は24時間空いており、第1ターミナル内のマクドナルドやエアロプラザ内の松屋など24時間営業している飲食店があるので”食”には全く困らないです。

※補足その2:この調査はお盆のド真ん中である2018年8月14日に松屋でビールを一杯引っ掛けた後、実施。

ではこの辺で。

買ってよかったもの25つ:2017年版

コメントを残す