第28回下北沢音楽祭『関東七大学音楽祭2018』行ってきた感想とかライブで思うこととか

7月5日(木)から7月8日(日)のあいだ、下北沢音楽祭が行われています。場所は下北沢のあちこち。下北沢が音楽の街になります。もともと音楽の街ですが。

ってことで『関東七大学音楽祭』です。場所は下北沢GARDEN。

チケットFREEでドリンク代600円。

明治大学、東京大学、早稲田大学、日本大学、成城大学、立教大学、慶応義塾大学から各1バンドが出演する流れ。この中から4つのバンドを観てきました。


  • 楽器の腕前すごい
  • どのバンドもめちゃハイレベル
  • このクオリティでチケット代とらないのおかしい
  • ジャンルでいうとFunk、R&B、ソウルミュージック多め
  • お行儀のいいファンク
  • お利口さんソウルミュージック
  • 教科書R&Bといった感じ
  • ライブならではの、というのはあんまりない感じ

いちばん胸を打たれたのはどこかのバンドが演奏していたSly and The Family Stone『If You Want Me To Stay』で男子ボーカルの声にならない燻りみたいなのが表情からひしひしと伝わってくる様子にやられました。

ライブって演奏技術やテクニックの披露する場所であることには間違いないのですが、お客さんに観て楽しんでもらうというのが第1にあると思ってるので表情や呼吸、パフォーマンスなども捨てられない重要な要素だと思ってます。

「視覚でどう楽しんでもらうか」というのはプロのミュージシャンであっても悩み多いどころだと思います。ライブならではの、というところにクレイジーに躍起になっているバンドが観てみたい。


まとめとか7日(土)と8日(日)のこととか

ということで下北沢盛り上がってます。

土曜や日曜はイベント盛りだくさんで路上パフォーマンスとか大御所バンドの出演とかあるらしいので音楽好きな方はおすすめ。

ホームページ:下北沢音楽祭

コメントを残す